So-net無料ブログ作成

ローロングストーンズ [BOOKS]

ピクチャ 10.png
本屋で見て「…………………ん?ローロング?」、
こりゃお宝だー、って思って久々に買いました。
まったく興味ないバンドのインタビュー読むのもたまにはいいね。
雑誌ならでは。

まさご
nice!(0)  コメント(2) 

横尾忠則「少年」の心得 [BOOKS]

明日はフリーダムで+81<プラスエイティワン>ですね。
今、インフルエンザが大流行りらしいですね。(営業妨害)

ピクチャ 4.png

人生の歩き方 2008年10-11月 (2008) (NHK知るを楽しむ/水)

NHKでやってたらしい
連続インタビュー番組をまとめたテキスト本。

横尾忠則の作品を見ると、なんかおどろおどろしくて、
わかりにくく本能的な不安を呼び起こす感じがする。
でも彼が書いたエッセイになると、
すごく素朴で情熱的な人柄が伝わってくるのだ。

自分は高校生の頃、
そっちのエッセイの方がすごい好きでよく読んでた。
彼がハマってたUFOとか精神世界とかは、まったく受け付けないんだけど、
この人が言ってるとなんか許せるところがある。
「台所に迷い込んでウロウロしてるアリは、
 テレポーテーションで巣に帰るらしい」とか真顔で書いてるし。

よく理解できなかった絵の方も、年をとってくるにつれ
すごくおもしろく見れるようになった。
特にタモさんも好きな「Y字路」はいいなぁ。

んでこの本は、70歳になって隠居宣言したあと、
いままでの人生を振り返りながらおしゃべりしてます。
今描いてる絵を見たら、隠居してるとは思えないけどなー。

若い頃バリバリに表現してた人が老境にさしかかって、
説教臭くもなく肩の力抜いておしゃべりしてるのって、
なんかかっこいい。
nice!(0)  コメント(0) 

ラーメン道場やぶり masago [BOOKS]

ピクチャ 2.png
江口寿史と、別府育ちの徳丸真人っていう編集者が
ラーメンについて熱くだらだらと語り尽くした本。

webで以前からチェックしてたけど、
語りおろしの章も入って書籍化されたらしいのでゲット。

マニュアル店員やこじゃれたお店には厳しく、
地元の人たちに根付いてる店の評価が高いのは、
うなずくところ多々あり。
初めて入ったところが「いらっさいませぇー↑」って
棒読みで案内されて、メニューにうんちく
たらたら書いてるの見たら、なんか萎えますよね。

あと別府にある、なべさんラーメンを大絶賛。
tobyさんをゲストに招いたときみんなで行った店です。
別府で育った者からすると、ほめすぎちゃうかー?
とか思ったり。っていうか、あそこって、いわゆる昔あった
大分の中華料理屋さんのラーメンの味っすよね。
親子丼とかいっしょに食えそうな。

確かに、いまでは大分でもあんま食べれなくなった味だけど、
自分にしてみりゃ、ふつううううのラーメンが
大絶賛されてるのも、なんか複雑な気分(笑)。


ラーメン道場やぶり

ラーメン道場やぶり

  • 作者: 江口 寿史
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0) 

へうげもの makura [BOOKS]

498f925e.JPG
前の日記で侍ブームで「竹光侍」を紹介しましたが、最近はこれにハマりました。

へうげもの
へうげもの 1服 (1) (モーニングKC)

へうげもの 1服 (1) (モーニングKC)

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: コミック



へうげものと書いて「ひょうげもの」と読みます。
擬音とかサブタイトルとか歴史ものという感じがしないので読みやすいのでは。
茶器などの美術品がたくさんでてくるのでお宝鑑定団好きにもおすすめです。

ホリエモンもおすすめらしいですよ。(ブログで紹介してました。)

official blog
http://hyouge.exblog.jp/




nice!(0)  コメント(0) 

これでいいのだ masago [BOOKS]

1189586812_photo.jpg
今日のタモさんの弔辞はグッときたー。
すごいダンディーな人ですよね。
http://hochi.yomiuri.co.jp/

自分にとって、赤塚不二夫の魅力はなんと言ってもキャラやなー。
あの絵の完成度の高さは、もっともっと評価されるべきだと思います。
特にバカボンのパパ!この線の無駄のなさ。
おじさんだけどかわいー。たまんねー。
鼻毛出まくってるのにー。

理想の大人なのだ。

nice!(0)  コメント(2) 

マンガあれこれ makura [BOOKS]

最後のマンガ展に行ってからというものなんとなくお侍ブームです。
(いやもともと時代劇が好きなんですけどね。鬼平とか。)
そんな中、前から気になってて読んでなかった松本大洋の「竹光侍」をプチ大人買い。

竹光侍 1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

竹光侍 1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 作者: 松本 大洋
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: コミック



じっくり読んでみようと思います。
あと一緒に買ったほしよりこの「僕とポーク」。じーーんと来ました。
先日の「家政婦は見た」が終わったこともあってか家政婦ブームです。私だけ。やっぱり猫が好き。



僕とポーク

僕とポーク

  • 作者: ほしよりこ
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2007/12/06
  • メディア: 単行本



あと、見てる人がどれだけいるんだろうと思うんですけど、NHKで星新一のショートショートが3本立てで月曜の夜にあるんです。10分しかないんですけどそれもまたよし。
http://www.nhk.or.jp/hoshi-short/

星新一のファンにはたまらんです。


nice!(0)  コメント(3) 

風の雀吾 masago [BOOKS]

マージャン結構好きで、ゲーセンとかハンゲームとかで
たまにやるんですけど、ビデオゲームで覚えたから
自分じゃ点数数えられないんですよねー(泣)。
こういう人多いんじゃないでしょうか。
っていうか、いまはそっちの方が多かったりして。

超能力をつかい、手牌をそろえ、相手を幻惑させ、
しまいににゃ太陽を引きずり込んで地球を滅亡させようと
するくらいの麻雀漫画。おもろい!

jancover.jpg
http://tiqjin2000.blog57.fc2.com/blog-entry-128.html

nice!(0)  コメント(0) 

小さい言葉 makura [BOOKS]

前にこのblogで書いたことがありますけどC級コピーライターの糸井さんが好きなのですが、ほぼ日で売っている「小さいことばを歌う場所」という本を買ってみました。

Image087.jpg

なんか読むとほのぼのする感じです。ブイヨンの写真も満載。
今また新しい本も注文中。

ほぼ日サイトのこの企画もおもしろい。
ほぼ日レコード

ページデザインが大好きな「mother3」を作った「ブラウニーブラウン」という会社で見ていてほのぼのします。
見てるとまたmotherをしたくなってきます。
最近DSのゼルダの伝説をし始めたのですがアクションが苦手な私は早くも挫折。RPGはRPGのみであってほしいっす。


nice!(0)  コメント(3) 

今すぐ使えるスワヒリ語講座 masago [BOOKS]

本の整理をしてたら、出てきたしおり。

なんだろこれ?って思ったら、
エンジニア系の転職サイトの広告でした。

「部屋を片付けるのに、どこから手をつけていいのかわからない」
って、スワヒリ語でなんて言うんでしょうねー。


nice!(0)  コメント(0) 

「俺の彼 / 島田洋七」 masago [BOOKS]


俺の彼 / 島田洋七 (徳間書店)

島田洋七から見た、たけし本。
一緒に漫才ブームを過ごし、その後片方は売れ、
片方は落ち目になったが、それでも続いた二人の友情を語ったもの。
がばいばあちゃんで復活した今だからこそ、書けたものだろう。
たけしファンの自分には、何度も聞いた話もあり、
「あのときはこうだったのかー」って発見する話もあり。



この本の中で一番ドキドキした話。

クリスマスイブの夜。
たけしのマンションで居候していた洋七が、いつものように
夕食を用意して待っていると、たけし軍団から電話がある。
「今日は夕食は結構です。殿は銀座で買い物をするので、
 少し帰りが遅れます。」とのこと。
やがてチャイムが鳴ると、そこにはたけしが立っていて、
なんと手には洋七へのプレゼントのセーターが。
テンション高いたけしが「着てみろよ。よし今日はこれ着て飲み行こうぜ!」と、
二人で赤坂のスッポン料理屋へ・・・。

えー、これってアレですね。まさしく男の友情ですよね。
はいっ。なんにも変じゃありません!


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。